悪玉コレステロールを下げないと動脈硬化につながる?

 

悪玉コレステロール値を下げる方法を徹底解説

 

動脈硬化は動脈内に流れる血液の流れが悪くなる症状の事を指します。主な原因にはコレステロールがあげられます。コレステロールには悪玉と善玉があり、善玉は余分なコレステロールを取り除いてくれますが、悪玉は血管の壁に蓄積させ血管を詰まらせたり、血管を硬く弾力のないものにしてしまいます。ですが、人間にとっては大事な脂質のためバランスを保つことが大切になってきます。

 

動脈硬化が起こってしまうと生命に危険が及ぶ病になりやすくなります。脳の血管がつまってしまったり血流が悪くなると脳梗塞や脳出血を起こします。めまいや耳鳴り、頭痛が生じることもあり、記憶力が低下することもあります。

 

心臓の場合は狭心症や心筋梗塞を起こします。下半身に動脈硬化が起こった場合には足がしびれたり、歩いている時に痛くなるなどの閉塞性動脈硬化症をおこすことがあります。

 

動脈硬化を起こしやすいのは血液中の脂質の値が異常で悪玉コレステロール値が高い脂質異常症や糖尿病、高血圧、喫煙している、高齢の方が多く、様々なことが原因となっています。生活習慣も大事で、食事と運動の2つの療法をしていく必要があります。
食事面では果物や野菜、海藻を良く食べる、塩分やアルコールを控える、お腹いっぱい食べない、乳製品や卵黄、肉の脂身は取らないようにし、魚や大豆製品をとるようにするといったことがあげられます。イワシやサンマといった青魚には血液中のコレステロール値を下げ、血液が固まりにくくなる効果があります。食物繊維も小腸でのコレステロールの吸収を防いで排出してくれるので効果があります。

 

運動面ではジョギングや散歩、ウォーキング、水泳などの有酸素運動を毎日30分以上、もしくは週に180分以上行う事が大事です。運動することによって中性脂肪が減り、悪玉は善玉コレステロールに変化するので一番効果があるのは運動といえます。
悪玉コレステロールは体の隅々までエネルギーを運ぶ役目があります。脂肪分を多くとってしまうと血管には良くないのでバランスよく食べ運動を心がけるようにします。

 

悪玉コレステロールを下げるには?

 

悪玉コレステロールを下げるための食品・食生活について

 

悪玉コレステロール値を下げる方法を徹底解説

 

悪玉コレステロールが体に溜まると、動脈硬化など生活習慣病につながります。
生活習慣病にならないためには、悪玉コレステロールを下げる食品を穫ったり食生活をしたりしましょう。
悪玉コレステロールを下げるのに効果的なのは、タウリンと食物繊維を多く含む食品です。

 

具体的には、タウリンを多く含む食品なら真ダコやイカ、牡蠣などの魚介類、食物繊維を多く含む食品なら緑黄色野菜や根菜類、海藻などです。
これらのタウリンや食物繊維を含む食品を中心に摂取していれば、悪玉コレステロールを下げられるでしょう。
悪玉コレステロールを下げるために有効な食品は、魚介類や緑黄色野菜の他にもまだまだあります。
大豆製品に含まれるレシチンとイソフラボンも、効果的食品の一つです。
また、ヨーグルトに含まれる乳酸菌も、研究結果により効果的だと分かっています。

 

さらにアメリカの大学による研究では、りんごも効果的だと判明しました。
1ヶ月間毎日りんごを食べ続けることによって、悪玉コレステロールが約40%も減少したのです。
気軽に食べられるりんごにも、驚くべき効果があったのです。
生活必需品を予防するために悪玉コレステロールを下げるなら、これまで紹介した食品を取り入れた食生活が有効です。

 

しかし、健康に効果的だからと言って、同じものばかり食べ続けてはいけません。
同じものばかり食べ続けていると、栄養のバランスが悪くなり、健康にも却って逆効果になります。
また、体に良いとされる食品でも、毎日食べ続けると飽きてしまいます。
一度飽きてしまった食べ物は、美味しく食べることはできません。

 

結果的に、健康的な食生活を続けられなくなる原因にもなります。
悪玉コレステロールを下げるために食生活に気を付けるなら、効果的な食品をバランス良く摂取しましょう。
揚げ物や甘いものを少し控えて、効果的な食品をメニューの中心に据えれば、健康的な食生活を飽きずに長く続けることができます。

悪玉コレストロールを下げるサプリ・薬

 

悪玉コレステロール値を下げる方法を徹底解説

 

コレステロールの値を下げるには、様々な方法があります。魚や野菜などのヘルシーで美味しい食事生活に生活習慣柄改善していくというのも一つの方法です。野菜をとってコレステロールの値を下げようと考えている方にはキャベツやブロッコリーなどの天然アミノ酸を含む野菜をおすすめします。SMCSといわれるこの成分には、血中コレステロールの値を改善する働きがあると考えられています。

 

しかし、これらを適宜摂取するのは意外と厳しいものがあります。なので、もしどうしても、血中コレステロールの値を下げるのにこの成分を摂取しなければならないときには、ドリンクやサプリメント、薬なんかに頼ってしまうのも方法の一つとしてあります。しかし、こういったサプリメントはとても便利なもので栄養がすぐに摂取できるという利点があるのですが、その一方でとりすぎになってしまうかもしれないという危険性も含んでいます。コレステロールとは悪玉のものでこれが分解できたらいいのですから、SMCSの他にも酢に含まれるクエン酸なんかを料理に用いて美味しく自分好みに調理していくのもありなのではないでしょうか。それも時間がないという方には、ポリフェノールやSMCSなどのサプリメントを飲みすぎないように量を守って摂取することをおすすめします。

 

外食が多い方なんかでも魚や野菜を積極的に食べて、それでも補えなかった成分をとるのにサプリメントを飲むというのが理想的な状態なのではないでしょうか。サプリメントのいいところはその栄養を凝縮してあるだけあって、余分な脂肪などを含んでおらず、それだけ飲んでいても太らないということが挙げられるでしょう。もし、低カロリーで痩せたいと考えている人でコレステロールの値を気にしているようでしたら、一度試してみてもいいかもしてません。ただ、この方法が誰にでも合うかというと個人差があるので何とも言えないということも言えます。よかったら、考えてみてください。

悪玉コレステロールとビタミンKの関係は?

悪玉コレステロールが体に悪いと言う話は誰でも知っていることでしょう。健康診断や人間ドックでは必ず医師から説明されるはずです。この悪玉コレステロールを下げるためにビタミンKがいいと言うこと話題になります。それぞれの役割と仕組みについて詳しく説明しましょう。まず、悪玉コレステロールですが、これは血液中に体内で作られるたんぱく質の一種です。タンパク質そのものが悪いわけではなく、その振る舞いが悪いと言うことを理解しておきましょう。つまり血液の流れを阻害してしまうのです。血管の内壁に溜まってしまいます。この働きによって血液の流れが悪くなり、様々な病気の原因となるのです。

 

心筋梗塞、脳卒中が典型的です。慢性的な病気として高血圧もあります。いずれも血流に関係しているため、悪玉コレステロールの量を見ることが重要となるのです。悪玉コレステロールの数値だけで実際の血管の中がわかるわけではありませんが、一定の指標となることが医学的に証明されています。そのため、人間ドックなどでは悪玉コレステロールの数値をチェックしているのです。この数値を減らすためにはタンパク質を分解することが必要です。それがビタミンKと呼ばれる物質です。単純にビタミンKをたくさん摂取すれば悪玉コレステロールの数値は下がります。

 

ただ、ビタミンK自体は体内で生成する分はごくわずかであり、悪玉コレステロールを減らすことはできません。そこで食べ物として摂取することを考えるのです。ビタミンKが豊富に含まれている食べ物を食べれば、それだけでいいでしょう。典型的な食べ物は青汁やクロレラ、ほうれん草です。いわゆる緑色野菜に豊富に含まれています。この他には豆腐屋納豆もビタミンKが含まれている食材です。ほかの物質にも含まれていますから、成分表をチェックしてみるといいでしょう。これらの食材を積極的に摂ることで、体の調子を整えることができるのです。ただ、ビタミンKは長時間体内に留まっているわけではありませんから、毎日食べることを忘れないようにしなければなりません。

コレステロール値は低すぎるのも問題あり?

現代人はどちらかいえば高いストレスや運動不足、食の欧米化のよりコレステロールが高い傾向にあります。この数値が高いと動脈硬化をもたらして、心筋梗塞や脳梗塞、糖尿病などの生活習慣病の発生のリスクを抱えることになり、当然に正常値が望ましいです。この数値を下げるために、運動不足を解消したり、食事制限、サプリメントや投薬によって行うことが一般です。

 

しかしこのコレステロール値は、正常値の範囲であれば問題ないですが、その数値が正常値の範囲よりもかなり低いものであると実はそれも問題です。そもそもコレステロールの役割は何かと言いますと、血液の中の潤滑油のような役割をします。車でいえばガソリンをうまく燃焼させるためのオイルと同じです。ある程度血液の中にないとうまく循環しなくので適量は悪玉といわれるものでも必要です。これが必要以上に低いと血液は上手く流れません。そうなると人間の体の各臓器は血液の流れによりその機能を保持しているので、機能不全になります。臓器が機能を低下させてしまうと体を維持していくことができず、普段の生活を送ることができません。

 

最近ではこの低コレステロールが若い女性に多いと言われています。原因は過度のダイエット食事による栄養不足です。太りたくないために一切の油脂や糖質を取らず、野菜のみの生活してダイエッをすることがいます。人間の基礎代謝のエネルギーを作るには、ある程度の油脂と糖質が必要でその余りをコレステロールとして血液に貯めて、欠乏したときその油脂を使いますので、ダイエットのためにずっと欠乏した状態になるので体への影響がでます。このような過度のコレステロールが低い場合にも体への影響が大きいのでダイエット食事もよく考えて行うべきで、コレステロールを上手く適正数値まで下げてダイエットをする際には我流で行わず、専門家のアドバイスを受けながら行うことが健康を損なうことがないと思われます。

コレステロール値を下げるには運動が効果的?

 

悪玉コレステロール値を下げる方法を徹底解説

 

血中コレステロールの量が多いと万病の元といわれます。特に悪玉コレステロールと呼ばれる成分が多いと血管をもろくしたり、詰まらせるなどコントロールが必須と考えられています。そんな悪玉コレステロールですが、食事制限だけではなかなか落とせない方も多いようです。そこで注目されているのがコレステロールを下げる運動です。

 

運動でコレステロールが下がると一口で言っても実は運動には2種類あります。その中でも有酸素運動が血中濃度を下げるのに効果的と言われています。有酸素運動は長時間の運動です。運動といえばきつい運きを想像される方が多いですが、有酸素運動は30分や1時間かけてゆっくり運動することです。そのため、気軽に初められる散歩が人気です。しかし、連続した動きが必要なのを忘れている方も多いです。1時間ゆっくり、しかも、たまに止まりながらでは運動になりません。散歩の場合はある程度早歩きで歩くことが必要と言われています。

 

有酸素運動でさらに効果を上げたいという場合には水中歩行も良いです。水中歩行とはプールなどでただ歩くことです。歩くだけなので楽だと勘違いされそうですが、水中を歩くのは想像以上にハードな運動でもあります。ただし、足や腰への負担が少なく、筋肉だけに負担をかけて運動できるのが特徴です。水中歩行は各スポーツクラブでトレーニングメニューにしていたり、水中歩行だけのコースを設定しているなど人気のある動きでもあります。また、水中歩行は徐々に距離を伸ばせられるのも嬉しいところです。自分のペースでじっくり取り組めます。ただし、歩行のフォームだけは注意したいところです。がむしゃらに歩いても長時間歩けないもの、しっかりトレーナーに歩行フォームを見てもらいながら、しっかり筋肉を動かしていくことで効果が出てきます。

 

コレステロールの血中濃度は一朝一夕で改善はしませんが、しっかり運動することで上がりづらい体質に変わっていくと考えられています。