バター?それともマーガリン?

 

コレステロール値が高い人は、バター・マーガリンのどっちを選ぶべきか?

 

コレステロールはおもに肝臓で合成されるもので、人体にとって欠かせない高いエネルギーをもつ栄養素の一種である、脂質に分類されるものです。したがって、不足するのもよくないわけですが、逆に血液中で増えすぎてしまい、血管の壁に吸収されてしまうようになると、その部分の血管が細くなったり、もろくなったりという、いわゆる動脈硬化をひきおこす原因になるといわれています。

 

このコレステロールの血中濃度の値は、日頃の食生活によっても変化しますが、特に肉類を中心として欧米型の食生活を送っている人や、その他調理のときに使われる油の量が多い食べ物を好む人などは、コレステロール値が高くなりがちで要注意とされています。

 

パンに塗ったり調理に使ったりする食品で、油を多く含むものの代表例として、バターやマーガリンのようなものがあり、これは現代の食卓においてはおなじみのものといえます。バターやマーガリンは、おおむね同じ用途で使用されることが多いものですが、コレステロール値が気になる人の場合には、どちらかといえば、バターのほうを選択すべきでしょう。

 

マーガリンは、もともとバターの代替としてつくられた製品で、植物性油脂を中心として、発酵乳や食塩などとともに凝固させたもので、その製造過程では水素を付加しています。マーガリンはトランス脂肪酸とよばれる物質を多く含んでおり、過剰に摂取すると心臓病などの疾患をひきおこすとされています。

 

バターも牛乳から取り出したクリームを凝固させた動物性の油脂であり、同じようにトランス脂肪酸が含まれているものの、これ自体は天然のものということができますので、マーガリンよりもリスクは少ないとされています。

 

もちろん、コレステロール値が高いのであれば、両方ともひかえるに越したことはありませんが、どちらかを選ぶ必要があるというのであれば、多少値段が高かったとしても、バターのほうに切り替えたほうがよいといえるでしょう。