納豆で悪玉コレステロールを減らすことができちゃう?

 

納豆で悪玉コレステロールを減らすことができちゃう?

 

納豆を始めとしていわゆる大豆製品には、コレステロールや血中脂質を下げる効果があると言われているところです。ただし、納豆だけの特性ではなくあくまで大豆製品全般に言えることのようで、特に今まで動物性脂肪を食していた場合には、それらを納豆などに置き換えて食するようにすれば、効果が高いとも言われています。つまり、動物性脂肪から良質なタンパク質を摂取出来る大豆製品に置き換えれば、動物性脂肪を摂りませんのでそれだけ血中脂質の上昇を防ぐことになります。また、大豆制品に置き換えて食すれば、それだけバランスの良い食事となり、結果的に数値の改善が図れることでしょう。つまり、特定の食品だけではなく、総合的に食生活の見直しを図ることが重要であるというわけです。

 

コレステロールは動脈硬化に深く関わっていると言われています。また、コレステロールには善玉と悪玉とがあり、悪玉コレステロールは人間の体内における各細胞に運ぶための物であるのに対して、善玉コレステロールは余った物を肝臓に運ぶ役割を果たしています。名前から言って、善玉がよくて悪玉が悪いとかではなく、両方がある程度はなければいけませんが、悪玉が多すぎると細胞内に受け入れることが出来ずにあふれてしまいます。結果、血管内に残りそれが血管を傷つけたりあるいは血流の流れを悪くすることに繋がるわけです。したがって、善玉コレステロールをほどよく保つとともに、悪玉については、無くなるわけにも行きませんが可能であればその数を減らしておくことで、血管を健康に保てます。

 

納豆などの食品だけでは、コレステロールの数値の改善はなかなか図れません。したがって、運動週間を身につけることなどでコレステロールを含めて、生活習慣により悪化する数字の改善を図っていくことが求められます。このとき、何も激しい運動をする必要はなく、むしろ有酸素運動などで体を動かすことを意識するのがよいといわれているところです。