コレステロール値とナッツ・アーモンドとの関連性

 

コレステロール値とナッツ・アーモンドとの関連性

 

ナッツ類の食品は自然健康食品であるという結論をカリフォルニア州の大学の博士が研究結果として出しました。その研究結果には、アーモンドなどのナッツ類は適度に摂取すると、コレステロールの値を下げ、ダイエットにも高血圧な人にもいいという研究データが出ています。この理由は、善玉と悪玉の関係性にあります。ナッツ類の食品は多脂性食品ということもあり、脂質が多く含まれていることから、食べ過ぎるとダイエットにもなりませんし、コレステロールを下げる前に脂肪が体の中に蓄積されていってしまうことになります。コレステロールに関してもナッツを摂取することで全員のものが下がるということではなく、それにも個人差が生まれるということもわかっています。もし、4週間ほど適度な量を食べ続けてみてコレステロールの値に変化が見られないというようでしたら、他の方法を検討した方がいいということも言われているので是非検討してみてください。

 

ナッツ類の取り方としていいと考えられているのは、ナッツだけむやみに食べるのではなく、野菜や魚などと一緒に栄養バランスにも考慮して摂取する方法が好ましいと考えられています。もし食事に取り入れるのであれば間食でナッツを摂取するのはやめましょう。食塩なんかもナッツ類の食品には含まれているのでもし食事で取り入れるならば、それで十分だと考えられます。正しくナッツを摂取することで、血管年齢を若返らせることができます。美味しくてついつい食べ過ぎてしまいそうになることもありますが、自分の体を健康にするためだと思って我慢してみると、思いのほかいい結果が期待できるかもしれません。女性の場合、男性の摂取の仕方に見習って摂取したら思っていた結果と違うようになったなんてことも聞いたことがあります。ナッツ類の効果は人それぞれですが、特に男性と女性では明確な違いが出ます。気をつけて摂取するようにしてください。ナッツを正しく摂取し、血管年齢を若返らせるための参考になるといいです。