オリーブオイルのオレイン酸とコレステロールの関係

 

オリーブオイルのオレイン酸とコレステロールの関係

 

コレステロールは食事から摂取した脂肪酸から肝臓で作られ、細胞膜の構成成分や副腎皮質ホルモンの材料としてなど人の健康に必要な成分です。しかし、肉類などから飽和脂肪酸などを摂りすぎたりすると、全身に運ばれる脂質の量が過剰となり、血中の脂質量が多くなり、脂質異常症を引き起こしたり、血管壁に張り付いて、血管を細くし、血流がスムーズに流れなくなり、詰まってしまうこともあります。すると、血管壁がもろくなり硬くなる動脈硬化や血管が詰まる心筋梗塞などの命に係わる疾患を引き起こしてしまいます。

 

私たちが食事からとる脂質は脂肪酸といい、飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸に分かれています。飽和脂肪酸は肉類や乳製品ココナッツオイルなどに多く含まれています。需要なエネルギー源ですが、多すぎると、コレステロールの値を高め、動脈硬化や肥満などのリスクを高めます。逆に、不飽和脂肪酸は、コレステロールを減らす働きを持っています。不飽和脂肪酸には、一価不飽和脂肪酸と多価不飽和脂肪酸があります。多価不飽和脂肪酸の代表としては、魚油に含まれるドコサヘキサエン酸(DHA)エイコサペンタエン酸(EPA)、えごま油やなたね油に含まれるα-リノレン酸などがあります。多価不飽和脂肪酸は、コレステロールのうち、LDL(悪玉)コレステロールを減らす働きが強いのですが、同時にHDL(善玉)コレステロールも減らしてしまいます。

 

一価不飽和脂肪酸のオレイン酸を70%ほど含むオリーブオイルは、HDLコレステロールを減らすことなく、LDLコレステロールを減らス働きを持っています。このことより、動脈硬化や心血管系の疾患の予防に効果的と考えられています。

 

オリーブオイルには、ビタミンA,D,Eといった抗酸化ビタミンが含まれています。LDLからさらに酸化したVLDLになることを防ぐ働きもあります。そして、抗酸化作用により、血管をしなやかに柔らかくすることが期待されます。

 

スプーン1杯のオリーブオイルを飲むとよいと言われています。みなさんも試してみてはいかがでしょうか。