悪玉コレステロールを減らすのにタマネギが効果的な理由

 

悪玉コレステロールを減らすのにタマネギが効果的な理由

 

昔からタマネギは血液を綺麗にしてくれる食材として有名です。
サプリの素材としても有名で、テレビや雑誌などのメディアでも悪玉コレステロールを下げる食材と紹介しています。
タマネギの優れたところは、悪玉コレステロールを回収する善玉コレステロールを増加させることです。
両者のバランスを整えることで、血液を綺麗にしてくれるのです。
食べる目安としては、健康維持のためには1日半分、生活習慣病を予防するためには1日1個が好ましいでしょう。
ただ、あまり意識してレシピを考えるとストレスが溜まりますから、食べない日があってもかまいません。
平均して1日半分〜1個を食べれば問題ないでしょう。

 

タマネギは食材として非常に使いやすいのがメリットです。
アレンジもしやすいので、様々な料理に使えます。
生サラダはカラダを冷やしやすいので、スープの具材にするのもよいでしょう。
タマネギのメリットには、血糖値の低下、腸内環境の調整、肥満・脂質異常症の予防などがあります。
野菜なので副作用の心配はまったくなく、よほど大量に食べなければ健康を害することはありません。
ただ、ネギ系の食材なので体調に食べると体臭が強くなることはあります。
健康のためには、様々な食材をバランスよく摂ることが大切です。
タマネギがよいと言われても、それだけ食べていては栄養バランスは偏ります。

 

悪玉コレステロール値を下げるためには、サプリよりも日々の食生活を改善したほうがいいのです。
サプリとは健康補助食品であり、健康を補助するのが目的です。
忙しくて食生活のバランスが乱れてしまう方はサプリが必要でしょうが、規則正しい食生活を維持できるなら食事から栄養を摂取したほうがいいのです。
タマネギは基本的に食事から摂るようにして、食生活が乱れている方はサプリを利用しましょう。
健康維持のためには1日350g以上の野菜を摂りたいものです。
タマネギは淡色野菜に分類されますが、緑黄色野菜に負けないほどの栄養価があります。